業種別 エステ・サロンの開業・集客

エステサロンの開業には必須!お客様に求められるお店をつくるコンセプトメイキング

投稿日:

エステサロンの開業には、特別な資格が必要ありません。

また、自宅の一室を改装して開業できるため初期費用も抑えることができます。

そのため、夢の実現を目指して非常の多くの方が参入しています。

 

ただ、エステサロンを開業するということは、人生を左右する非常に重要なこととなります。

失敗すれば、それまでに準備してきたことが全て無駄になることも考えられるのです。

そんなことにならないよう、ここではエステサロンを開業する前に準備しておくべきことを紹介していこうと思います。

 

エステサロンの経営は厳しい

開業へのハードルが低いため、参入する方の多いエステサロンですが、現実は非常に厳しいものとなっています。

とあるデータによると、開業後たったの1年で60%ものエステサロンが閉店してしまっているようなのです。

さらに、開業後3年以内となると、90%ものエステサロンが閉店を余儀なくされています。

このことからも、エステサロンの経営が難しいことが分かります。

 

開業したエステサロンが廃業に追い込まれる主な原因は、集客がうまくいかないことにあります。

新規でエステサロンを開業する場合は、ゼロからお客様を集めなければならないのです。

 

ただ、お店を始めてオープンする方は、集客のことは何も分からないというケースがほとんどです。

そのため、ここで多くの方が躓き、お店を閉める結果となってしまっています。

 

エステサロンの経営はコンセプトが重要

エステサロンの開業において、コンセプトの設定は非常に重要です。

なぜなら、コンセプトがありきたりだと集客することが困難になるからです。

「全身対応の総合エステ」のような漠然としたコンセプトでは、お客様を惹きつけることはできません。

 

全ての女性は、「キレイになりたい」という願いを少なからず持っています。

そのため、お金がさえあればエステに通いたいと望んでいることが多いのです。

 

しかし実際は、高額な全身エステに頻繁に通えるほど、金銭的な余裕のある方は多くありません。

「一番気になっている部分になら、いくらかお金が支払える」といった方がほとんどなのです。

だからこそ、パーソナルなお悩みに特化して対応できるコンセプトを決めることが、エステサロンの開業では特に重要となります。

 

一見すると、幅広い施術に対応できたほうが、幅広いお客様を集めることができると思いがちです。

しかしそれでは、誰の心にも響くことがないため、誰にも相手にされないエステサロンになってしまいます。

 

近隣の競合店を研究しコンセプトを固める

コンセプトを決める際には、他店との差別化を意識する必要もあります。

いくらパーソナルなお悩みに特化しても、近所に似たようなエステサロンがあればお客様の取り合いになってしまうのです。

できることなら、競合店との違いを打ち出し、不要な競合は避けたいところです。

 

そこで、コンセプトを設定する前に、まずは近隣の競合店のメニューを研究してみてください。

特に注目すべきは、どの店舗でも提供されていないメニューです。

このようなメニューを導入できるコンセプトを設定すれば、集客の要とすることができるでしょう。

 

多くの店舗で提供しているメニューばかり提供しても、競合店と差別化することが難しくなります。

コンセプトも似たものになるでしょうから、開業後も厳しい戦いを余儀なくされるのです。

 

お客様が必要とする価値は何?

エステサロンに限りませんが、商品に対してお客様が価値を感じなければ集客することは不可能です。

ビジネスを成立させるためには、最低でも価格と同等の価値をお客様に提供する必要があります。

 

では、お客様がどのようなことに価値を求めているのでしょう。

たとえば、以下のようなことが考えられます。

 

・確かな施術で見た目が美しく変化する

・良い香りのする空間でリラックスしたい

・プロのエステティシャンから美容に関するアドバイスを受けたい

・お姫さま気分が味わえる丁寧な接客をされたい

・肩こりなどが改善するマッサージ効果にも期待したい

 

このように、キレイになること以外にも、非常に多くのことに価値を求めています。

これらの求められる価値に細かく対応することができれば、お客様に求められるエステサロンを作り上げることができるのです。

 

お客様が求める価値にあわせた接客を用意する

お客様が求める価値は非常に多岐に渡りますが、全てのお客様が全ての価値を欲しているわけではありません。

お客様それぞれで、価値の感じ方は異なります。

たとえば、施術中の会話を楽しみにされているお客様もいれば、会話を鬱陶しく感じるお客様もいらっしゃいます。

 

そのため、お客様が何に価値を感じているか的確に判断しなければなりません。

お客様の反応を観察して、適切な対応ができる準備をしておかなければなりません。

また、初めにどのような接客を望んでいるか、アンケートなどで聞いてしまうのも一つの手といえます。

 

特にエステサロンは、年間で数十万円もの費用をいただく高額なサービスとなります。

そのため、お客様一人一人にカスタマイズしたサービスを提供しなければ、求められる価値を満たすことはできないのです。

求められる価値を満たすことができなければ、いずれお店は衰退していってしまうでしょう。

 

エステサロン経営を軌道に乗せるためには、開業前からお客様のことを考えた準備が不可欠です。

お店づくりでは自分の希望を優先してしまいがちですが、お客様の満足度まで考慮して細部まで作りこんでみてください。

 

エステサロンの経営にはコンセプトが重要

エステサロンの開業においては、注目を集めることのできるコンセプトが重要となります。

新規開業時はお店が知られていないため、とにかく注目を集めて知ってもらうことがまず必要なのです。

 

苦労して作ったあなたのお店ですから、「自分の好きなようにしたい」という気持ちも分かります。

しかしそれでは、お客様を集めること可能かどうかは運次第となります。

お客様が集まらず潰れてしまっては、どんなに自分のこだわりをお店に詰め込んでも意味がありません。

苦労して開業するのですから、長期的に安定して経営ができるエステサロンを作る必要があるのです。

 

そのためには、お客様が求めていることを知ることも非常に重要なこととなります。

本当に喜ばれる施術や空間が提供できるよう、お客様目線に立って確認しながら開業準備を進めてみてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
福岡の開業・起業・繁盛店請負人

福岡の開業・起業・繁盛店請負人

これまで、20代前半より8店舗のお店をオープンしてきました。銀行などから融資を受けることなく無借金で10年以上経営するも、自分の将来が見えなくなってしまったため、全て従業員や知人に売却。 その後、店舗の開業、店舗展開に携わり、これまでオープンしてきた店舗は100を超えます。 また、集客の専門家でもあるため、全国各地より『集客支援』の依頼が絶えず来ており、これまでサポートした個人事業主・企業様は500件以上となっています。

Copyright© 福岡│経営コンサルタント・集客代行の中小企業経営支援センター , 2019 All Rights Reserved.